このからだが、いつまでもこの世にあるわけではないということを