それは自分のことを思うよりも、相手のことを先に考えてあげる。