とにかく、相手という存在を愛おしく思うことが大事なのです。