買い控えする人たちに買わせるには、トップセールスしかない。トップセールスとはたくさん売るという意味ではなく、トップの地位にある人から順にトップクラス(高品質)のセールスを実践するということ。お客をメロメロにしてしまうのだ。お客の100%の期待に120%のサプライズで応える。社長が、部長が、シェフがトップクラスの一言をかける、突っ込んでいくのだ。こう言われたら、こうされたらもうメロメロという、とっておきの一言だ。