しかし実際のところ、ニート世代がどれくらいニートなのかを計りかねています。想像を絶するくらい深くて遠いという声もあり実感もしていますが、団塊世代とニート世代の谷をどのようにして埋めようかと思案しています。