人はこの世に存在するかぎり、自分の順番を気にするものです。しかし、一人一人の存在を目に見えないこころという意識体として捉えるとき、この世の垣根や線引き、色分けはまったく意味を失ってしまいます。