対立するほどに正しいことがよいことではなく、融け合う程に仲が良いことがよいことなのです。