先生と生徒、師と弟子。言葉のイメージはよく似ていますが、学びの姿勢がまったく違います。