私は、家庭の男の人を夫と呼ばないで、主人と呼ぶ理由があります。