人間というものは、そんなことを思っているものなのです。