「主のためだ、自分のためだ。」