主のために働くことが、自分のためになるとか。