人間が人間であるゆえんは、湧きあがる感情が始末できないからでしょう。